EV(電気自動車)

NEW PEUGEOT e-208 - Low shape with new front end
NEW PEUGEOT e-208 - Low shape with new front end

CO2を排出しないこと、時代に求められていることをプジョーはEV開発の目的にしません。まずはドライバーが心から気持ちよく走らせられるクルマであること。その選択肢の1つとしてEVがあると考えます。
デザインもスペース効率も損なうことなく、EVならではの靜かさ、俊敏でスムーズな走りを実現する新しいドライビングプレジャーの選択肢。それがプジョーのEVラインアップです。

※掲載寫真は歐州仕様車です。一部日本仕様と異なる場合があります。

プジョーEVを選ぶ理由

/image/33/6/peugeot-208-1902hm103-newcrop.688336.jpg

ゼロエミッションで環境に優しい電気自動車。それだけではない魅力が、プジョーのEVにはあります。

新感覚のドライビングプレジャー

? ??

プジョーのEVに搭載される高効率電動モーターは靜かで低振動、そして発進直後から一気に立ち上がるハイトルクによる鋭い加速が持ち味。EVならではの、新しい運転感覚を味わえます。
走行中のCO2排出はゼロ。NEW e-208JC08モードで403km*の航続距離を達成し、街乗りだけでなく、週末のドライブでもそのパフォーマンスを楽しむことができます。

*定められた試験條件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滯等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)等に応じて値は異なります。

維持費が抑えられ経済的

? ? ??

車両にかかるコストは車両価格だけでは判斷できません。エネルギーコスト(電気、ガソリン、軽油)やメンテナンスコスト、保険料、稅金?補助金など、トータルで考える必要があります。プジョーのEVは、內燃機関モデルに比べてエネルギーコストを平均で約40%、メンテナンスコストを最大約30%抑えられ、使い方やライフスタイルによっては內燃機関モデルよりも経済的です。

スマートで使いやすい

? ??

コンセントタイプやウォールボックスタイプの普通充電器に加え、チャデモ規格の急速充電器にも対応。自宅やお出かけ先でスマートに充電が可能です。
MYPEUGEOTアプリを利用すれば、充電狀況の確認やエアコンの作動などをリモートで操作することができます。

プジョーEVラインアップ

NEW PEUGEOT 208

NEW e-208

大膽で、獨創的で、予想外。愉しむためのゼロエミッションビークル、100%電気自動車NEW e-208。その存在感で、クオリティで、革新性でコンパクトカーの新しい価値を提供します。

充電について

普通充電と急速充電に対応

EV

普通充電:ご自宅や勤務先などでの充電

プジョーのEVにはコンセントタイプの3kW普通充電器で利用できる専用の充電ケーブルが付屬されています。所要充電時間はNEW e-208の場合、50km走行分であれば約3時間、満充電では約18時間です。
ウォールボックスタイプの6kW普通充電器を使用すれば、より速く充電することができます。所要時間はNEW e-208の場合、50km走行分であれば約1.5時間、満充電では約9時間です。

/image/34/6/peugeot-208-1902hm002.688346.jpg

急速充電:公共の充電スタンドでの充電

プジョーのEVはチャデモ(CHAdeMO)規格の急速充電器にも対応しています。NEW e-208の場合、50分でバッテリー容量の約80%*まで充電することが可能です。

*充電時間は、充電設備の種類や出力、外気溫、バッテリー溫度などにより変動します。

Tips:航続距離を延ばすエコドライビング

/image/35/0/peugeot-208-2019-132-fr.688350.jpg

急な加減速や余分なブレーキ操作を減らしてエコドライビングを心がけると、電気自動車の航続距離を最大限に伸ばすことができます。

回生ブレーキの活用
ブレーキペダルを踏み続ける代わりに、アクセルオフによる回生ブレーキを活用。減速時のエネルギーを回収して、効率よくバッテリーの充電を行います。ブレーキモードをBモードに切替えるとさらに効果的です。

エコモードの使用
ドライブモードでエコモードを選択すると、モーターの出力を必要十分に抑え、エネルギー消費を節約します。パワーを必要としない道路狀況では、積極的なエコモードの活用をおすすめします。

出発前にエアコンを作動させるプリコンディショニング
MYPEUGEOTアプリで利用できるeリモートコントロールの機能を利用して、出発前にリモート操作でエアコンを作動させておくことができます。車両が充電器に接続されていれば充電器から供給される電力でエアコンを作動させるため、バッテリー殘量を減らすことなく、出発後のエアコン使用によるエネルギー消費を抑えることができます。

タイヤのメンテナンス
內燃機関エンジン車でも電気自動車でも、タイヤの點検?整備は不可欠です。安全面はもちろんのこと、エネルギー消費にも影響を與えます。空気圧が適正値に達していないタイヤではエネルギーを消費しやすくなるため、定期的なチェックが必要です。

回生ブレーキの活用
ブレーキペダルを踏み続ける代わりに、アクセルオフによる回生ブレーキを活用。減速時のエネルギーを回収して、効率よくバッテリーの充電を行います。ブレーキモードをBモードに切替えるとさらに効果的です。

エコモードの使用
ドライブモードでエコモードを選択すると、モーターの出力を必要十分に抑え、エネルギー消費を節約します。パワーを必要としない道路狀況では、積極的なエコモードの活用をおすすめします。

出発前にエアコンを作動させるプリコンディショニング
MYPEUGEOTアプリで利用できるeリモートコントロールの機能を利用して、出発前にリモート操作でエアコンを作動させておくことができます。車両が充電器に接続されていれば充電器から供給される電力でエアコンを作動させるため、バッテリー殘量を減らすことなく、出発後のエアコン使用によるエネルギー消費を抑えることができます。

タイヤのメンテナンス
內燃機関エンジン車でも電気自動車でも、タイヤの點検?整備は不可欠です。安全面はもちろんのこと、エネルギー消費にも影響を與えます。空気圧が適正値に達していないタイヤではエネルギーを消費しやすくなるため、定期的なチェックが必要です。

コネクテッドサービス

コネクテッドサービスを利用することで、スマートで快適なEVライフをお楽しみいただけます。

E-COMMANDES A DISTANCE

eリモートコントロール

MYPEUGEOTアプリによるリモート操作で、充電狀態を確認したり、車両に乗り込む前にエアコンを作動させたりすることができます。

MYPEUGEOTアプリ

/image/35/2/visuel-mypeugeot-e208.688352.png

無料のMYPEUGEOTアプリで、カーライフをサポートする様々な機能をご利用いただけます。

  • 愛車の狀態をいつでも確認
  • ?eリモートコントロール(リモートチャージング/プリコンディショニング)
  • メンテナンスの記録と管理
  • ディーラーやロードアシスタンスへのコンタクト

電気自動車に関するよくある質問

內燃機関エンジン車に比べて電気自動車の走りはどう?

電動モーターで走行する電気自動車は靜かで振動が少なく、快適です。動力性能などのパフォーマンスでも、內燃機関車に劣るということはありません。発進直後から最大のトルクを発生するモーターの特性により、鋭い加速性能を発揮。ブレーキング性能やハンドリングも內燃機関車に遜色なく、新感覚のドライビングプレジャーを味わうことができます。

電気自動車は內燃機関エンジン車に比べてやっぱり高い?

確かに車両価格は、電気自動車の方が內燃機関車に比べて高額です。ですが、自動車を所有?維持するためには燃料、保険、稅金、メンテナンスなど、様々なコストがかかります。これらの要素をすべて含めた場合、走行距離など條件によっては、電気自動車のほうが內燃機関車より経済的になる場合もあります。そのため、クルマの使用頻度やライフスタイル、乗り味の好みなどによって、電気自動車も積極的にお選びいただけます。

電気自動車は內燃機関エンジン車に比べて本當にクリーンですか?

車両の製造過程、特にバッテリーの製造過程で排出されるCO2を比較すると、內燃機関車よりも電気自動車のほうが大きいのは確かです。ですが電気自動車は走行中にCO2を排出しないので、その負債を約2年間で相殺できるとされています。バッテリー技術の進歩により、環境負荷という面において電気自動車が今後さらに優位になっていくことが期待されます。

大香伊在人线观看_99大香伊在人线免费_大香伊在人线国产69